そもそもなんでバングラデシュに行ったかって言うと☟
 

バングラデシュの首都ダッカを観光しに行くよ!のはなしをさいしょから読む☟



その日宿に泊まった日本人は
私、姉、企業インターンでバングラデシュにに1カ月滞在予定の青年、
そして会社に働きながらも10日間でインド・バングラ・ブータンを1に旅している女性の4名。

ブータンの観光費用ってけっこう高いらしい。
貧乏バックパッカーにはハードルが高い。

だけどある町だけ1日のみビザなしで入れるところがあるんだって。
絶対入れるってわけじゃないらしいんだけど。

それがインドとの国境のブータンの町「プンツォリング」
ブータン人とインド人は自由に行き来できる。
ブータン人は日本人と似ているらしいのでチェックを受けることがないという事ですが…。
このルートで入国するとパスポートにスタンプは押されないです。

うーん…パスポートにスタンプ集めるのが
旅の醍醐味!

その女性はバングラを去った後にそのルートでブータンへ行くそうです。
ホント大丈夫???

そして話は変わりバングラデシュについて
ひとこと007

そうなんです!
バングラデシュ人は優しいんです!

この時私はまだそれを実感していませんでしたが
(むしろ入国の時にチップ500タカ取られたことをまだ根に持っている)
のちのちにバングラデシュ人の親切さに心を打たれるのであります。

彼女はインドからバングラデシュに入国したみたいなのですが
インドで何かあったのかな?

よく聞くのがぼったくりがえげつない。
私はインドには行こうとも思いませんが、
シンガーポールでインド系の商売人に捕まった時死ぬほどめんどくさかった!
商売人じゃないインド人はいい人と言うかおもしろい人ですけどね。

バングラデシュに行った人は
バングラデシュ人がきっと好きになると思います。



きこりん