留学セミナーに参加した時に講師の方が 、フィリピン留学のメリットはアメリカ・オーストラリアなどに比べて 「価格が安い」「マンツーマン授業が多い」と言ってました。

最初はオーストラリアに留学する気だったのですが、私のまわりにフィリピンに留学したことある人が全くいなかったし

東南アジアってなんだかおもしろそうだなって思ったのでフィリピンに決めちゃいました!!

授業スケジュールはと言うと、マンツーマン授業4コマとグループ授業3コマの合計7コマ(1コマ50分)を 月曜~金曜日(祝日除く)までみっちり授業してました。

一日をグラフにするとこんな感じです。


ひるね...重要っすよ!

1日のほとんどを英語学習に費やすようになります。
スパルタやセミスパルタコースを選ぶともっと勉強時間を増やさないといけないかも。身につく能力は高いと思います。

留学編003-1_R

外にいればいろんな場所で歌声が聞こえてきます。

話は変わってタイトルの初めてのレッスンではコレを考えておけッッッ!の内容です。

冒頭にあったように私が通っていた語学学校は、マンツーマンレッスンが4コマありそれぞれ担当先生が4人。

どの先生も初めての授業の時は「英語の何を学びたいの?」って聞いてくれました。
私は初めての語学留学の時全くそれを考えていませんでした

なので先生が「イディオムでも学んでみる??」って聞いてくれました。

「はてイディオムとは??」

「Idiom」・・・2~3つの単語が結びついて違った意味になる慣用句の事です。
例えば「Hold your horses」
直訳すると「あなたの馬たちをつかめ」っていう意味の分からん言葉になるのが、実は「落ち着いて」って意味になります。

なんでか分からんけど。

なんか面白そうなのでイディオムを学んでみました。

聞かれなかったら自分から何を重点に学びたいか先生に言っちゃいましょ!

2コマ以降の初授業は他に何を学びたいか決めてから授業に向かいました。
他の先生では「Conversation」会話をする事。「Sentence」文章を作る事。「Basic」基本を学ぶ事。

まぁフィリピン人が教えるのでたまに授業が脱線することもしばしば。
まぁそれも楽しいけどね。ただただ私の誕生日を祝ってもらったっていう授業もありました

という事で語学留学するには英語の「何」を重視して勉強するかを考えておくことが大事です!
漠然と英語を学びたい!だけじゃ教えてくれる先生もどこから教えていいのか困っちゃいます。

個人的にはTOEICを重点としてなかった私は「Idiom」イディオム・慣用句。「Conversation」会話。「Sentence」文章。「Basic」基本。で丁度よかったかな。



きこりん




人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村