留学編025_R

これは興味深いことを聞いた!!(にんまり)

留学編025-2_R

ある日のグループ授業の時。ぼーっとしてたら突然包茎手術の話になってた。

先生の息子が8歳で「そろそろ”Circumcision”させないといけないの」と…。
割礼の儀式の事であったか!フィリピン男性はほぼ100%の人が経験する事です。

宗教的に割礼をしなければいけないのかなと思ったんですが、この先生が言うには
「割礼しないと垢が溜まって汚いでしょ?」
衛生的な事を言ってたので、宗教あんまり関係ないんかな?

この割礼”Circumcision””Tuli”(トゥリ)とも言うらしいです。

マンツーマンレッスンの男性の先生にいろいろ聞いてみました!この日の授業はまるまる割礼の儀式の事を聞きました。
ある期間に学校か保健所のような施設で無料で行われるそうです。病院だと有料になる事があります。数百~数千ペソ。高くても5000円くらい??
この男性の先生わざわざ動画も探して見せてくれた。

施設には大勢の10歳前後の男の子たちでいっぱい。全員しなければいけない儀式なのだが彼ら全員怯えている様子。

消毒をして麻酔をかけて。

実際手術する場面はイラストでの切り方の説明だったんだけど。

うおおおお・・・・!
これは男性が見ると鳥肌が立ちそう…。

麻酔が切れたあとは地獄が続きます。
敏感になってるので幹部に何かが当たると痛いらしく、下着の股間部分を持ち上げて当たらないようにしてました。みんな顔が険しい!
女には想像できぬ痛みなんだろうなぁ。

日本にはない文化なので衝撃的でした。

日本には割礼の儀式はないし切らない人もいるし、切る手術するのは高額なんだよ。って教えたらびっくりしてた。

海の先の事は未知の事でいっぱいです。



きこりん