なんでバングラディッシュに行ったのかって言うと

ヤンゴン国際空港を離陸して2時間弱。

そろそろバングラデシュに着陸する頃。
海外旅行Bangladesh005ヤンゴン空港05
海外旅行Bangladesh005ヤンゴン空港06
海外旅行Bangladesh005ヤンゴン空港07
海外旅行Bangladesh005ヤンゴン空港08
海外旅行Bangladesh005ヤンゴン空港09

ダッカの町は引くぐらい建物が密集してた。
さっきまであった森や緑は何だったの…⁉

さすが人口密度世界一!!(と言われている国)

とうとうバングラデシュの地に降り立った。ワクワクしてましたが恐ろしさもありました。

と言うのも2016年7月にあった日本人が犠牲になったテロが原因である。
2016年のその当日私は語学留学のためフィリピンのセブに滞在していました。そのニュースはフィリピンにも届きました。

姉はその時すでにバングラデシュで働いており、ちょうどそのテロがあった日は姉はバングラデシュから日本に帰国をする日でした。(姉は2カ月に1度は2週間日本に帰ってきます)

そのニュースを知ってすぐさま姉にLINEしたのを覚えています。
返事はすぐに来ました。もちろん無事です。
バングラデシュは親日家だと聞いていたのでテロの事を知って衝撃的でした。

バングラデシュは恐ろしい国という印象もありましたが、バングラデシュ人が恐ろしい人と言うわけではなく、恐ろしいのはテロを企てる人です。
テロを企てた人もバングラデシュ人だから複雑ですけどね・・・。

結論から言ってバングラデシュの人々はビックリするくらい親切な人々が多いです!
(のちに描きますが空港で働く人以外は…)

かと言って安心して行ける国ではないです。デモがよく起こるみたいです。

私はもう1回くらいまたバングラデシュに行ってみたいなーって思います。
空港がなければ…!

次回はその空港で起こった事件簿を描きます。スリランカであった出来事よりもさらに地獄の出来事です。
今となっては笑い話。


関連記事:スリランカの空港で遭った事件簿