カンボジアのプノンペンにあるキリングフィールドに行ってきた!

※この話は今後残酷な表現が含まれます。気分が悪くなるかもしれません。
現に私も撮った写真や歴史を調べながら描いていますが、鬱感がこみ上げてきてます。ですがカンボジアを好きな人は知ってほしいと歴史だと考えています。

<この話の最初から読む>



カンボジアがやっと自分の国を独自で治められるようになり、ポルポトが国のトップとなりました。

彼が掲げた”原始共産主義”とは一体どんな国なのでしょうか?

海外旅行-Cambodiaキリングフィールド38'
海外旅行-Cambodiaキリングフィールド39
海外旅行-Cambodiaキリングフィールド40
海外旅行-Cambodiaキリングフィールド41
海外旅行-Cambodiaキリングフィールド42
海外旅行-Cambodiaキリングフィールド43
海外旅行-Cambodiaキリングフィールド44
海外旅行-Cambodiaキリングフィールド45
海外旅行-Cambodiaキリングフィールド46
すべての国民を平等にするために、すべての国民を農業をさせ自給自足の生活をさせる。
原始時代の生活にする”原始共産主義”

農協以外は認められない。

お金を稼ぐ事。そもそも通貨が禁止。
将来の夢を持つ事。そもそも農業以外の職業が禁止。

好きな事すべてが禁止。歌も本も映画も服も恋愛も!!

極端すぎるよ・・・。

そしてそれらに反した人や、医者や教師などの知識人は処刑。

処刑や飢えなどこの影響で犠牲になった人はカンボジアの人口の3~4割の200~300万人と言われているけど、一説によればそれは分かっているだけの人数のようです。

今から約45年前にあった出来事です。歴史にしてはつい最近の事。


自分が倒されないように、逆らう人や後々逆らいそうな頭のいい人を作らないようにする為、次々と消していったように思えます。

<つづくよ!>


きこりん




人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村